初期手数料相当のSIMつきパッケージ

写真拡大

MVNO(仮想移動体通信事業者)の日本通信(東京都港区)は、「b-mobile」の新しいSIMカード、「b-mobile SIM 高速定額」を2014年12月12日に発売。

プラス800円でMNP音声通話も

他社が低速・低容量の低価格サービスを展開する中、同社は新しい手法でSIMカードサービスを提供する。NTTドコモのLTE/3G網対応。通信速度制限なしでデータ量使い放題の月額1980円(税抜)の「高速定額」プランと、データ量に3GBまでの制限を設けた月額1180円(同)の「ライトプラン」を用意。初期手数料に相当するSIMつきパッケージ3000円を購入後、同社の専用ウェブサイトで希望のプランを選択する。

他のMNO/MVNOが設定する3日間連続使用1GBの制限などはないものの、高画質動画などのダウンロードやストリーミング連続通信については、時間帯により制限することがあるとしている。

MNP(番号ポータビリティ制度)対応で、090及び080番号による音声通話ができる「音声付きプラン」も、上記各プランにプラス800円(税抜)で提供する。通話料は30秒あたり20円(同)。