楽天市場ホームページより

写真拡大

「乾燥の季節」である冬は、顔などの肌ばかりでなく、爪にとっても大敵という。乾燥したなかでは、ちょっとした衝撃でも欠けたりひびが入るなどしてしまう。暖かい季節の露出に備えるように、寒いときにも爪のケアは欠かせない。新潟県三条市の諏訪田製作所が製作する高級爪切りは、爪の手入れの面からも評判が高い。同社の製品の中で最も実用的なスタンダードタイプ「SUWADA 爪切り クラシックL」のレビューをみてみた。

巻き爪・変形した爪にも

「爪きりではなく刃物と言った感じで切れ味は最高です」
「スパッと切れて気持がいいです」
「一度、切ってみると本当によく切れるので、爪のカーブに合わせて、すんなり使えます」

など、その切れ味に満足という人は多い。

製品はすべて熟練の職人による手仕上げで製作されているということで、「普通の爪切りは、切ったあとやすりで調えますが これは、何もしなくても滑らかです」など、その品質はお墨付きのようだ。

「普通の爪切りを使っているせいか慣れません」と、従来型とは違くニッパー型のためか、最初は扱いに戸惑う人もいるようだが、「なれると、他の爪切りで爪を切るのが嫌になります」と、使い心地も良好とのこと。

「巻き爪で困っていたのですが今までより楽に切ることができるようになりました」との意見もある通り、爪の形に刃がカーブしているため、変形した爪や堅い爪などにも有効だという。

価格は、製品情報ページによると6500円(税抜)。

「自分で買うには勇気のいる価格」との声も見受けられるが、「ちょっと高めですが使用感は最高です」との意見もあり、「友人へのプレゼントに」などという人も多いようだ。

お歳暮などの贈り物に悩むこの季節、今年1年間お世話になった人へのプレゼントとしても活躍してくれるかもしれない。