ひまわりの種の配列を応用したドラム内形状

写真拡大

シャープは、ドラム式洗濯乾燥機の新製品「ES-V600」を2014年12月11日に発売した。

プラズマクラスターで水洗いできない衣類も除菌・消臭

DD(ダイレクトドライブ)インバーターを搭載した業界最高水準の低音設計。帰宅後の深夜や早朝も、気兼ねなく洗濯から乾燥ができる。

ドアガラスの内側やドラム背面に、ひまわりの種の配列を応用した凹凸をつけた。ドラム内側と前後の凸凹で擦り洗いする「全方向スクラブウォッシュ」により、しっかり汚れを落とせる。大風量の風で衣類を前側に押し出し、シワを伸ばしつつ乾燥する「エアターボ・風プレス」を採用。シワや乾燥ムラを抑えられる。

「高濃度プラズマクラスター 7000」を搭載し、洗濯のたびにドラム外側を洗浄し、終了後にプラズマクラスターを放出。ドラムや洗濯機内のカビ菌の繁殖を抑え、常に清潔に保つことができる。プラズマクラスターにより、水洗いできないスーツなどの衣類やブーツ・クッションなどの小物、毛布など大物まで、「リフレッシュモード」で素早く除菌・消臭できる。