写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フィッシュラボは12月12日、メバルを始めとするロックフィッシュをターゲットにした「自作集魚剤の素/甲殻類」をAmazonで発売した。

「自作集魚剤の素」シリーズは、魚の内臓から抽出した「うま味成分(アミノ酸)」を凝縮させ、強力な臭いで魚を寄せ付ける。このほど発売した同商品は、さらに甲殻類に含まれるアミノ酸を効果的にミックスした。小さなエビ・カニを捕食するメバル、カサゴ、アオリイカなどの魚類に対して有効だという。

捲(ま)き餌に練りこむほか、生き餌・ワームを漬け込んだり、エギに染みこませたりするといった使い方も可能。自分好みにアレンジできるため、ターゲットに合わせた釣り餌を自作することができる。

持ち運びに便利なスタンドパックでキャップ付き。100%天然由来成分で、環境に優しい仕様となっている。価格は1,200円(税込)。インターネットのみの取り扱いで、Amazonで販売している。

(フォルサ)