リマインダーをタップ

写真拡大 (全8枚)

iPhoneの地図アプリを使えば現在地から目的地までひと目でチェック、確認することができます。

 

便利で汎用性の高い地図アプリを使っているiPhone利用者は多くいることでしょう。

 

しかし、iPhoneには他にもまだまだ便利なアプリが有ります。例えばリマインダーアプリ。これを活用すれば、目的地に近づいていることに気づかず、そのまま素通りしてしまうといった間違いを防ぐことができます。そろそろ到着すると思っていたらいつの間にか通り過ぎていた、そんな悩みもリマインダーが解決してくれます。

 

■リマインダーで目的地に到着したことを通知してもらう方法

 

リマインダーで目的地に到着したことを通知してもらうためには、まず【リマインダー】をタップして起動させます。

 

【項目なし】の下の辺りをタップします。

 

通知して欲しいタイトルを決めます。例えば、待ち合わせなら【待ち合わせ】と入力します。入力が完了したら、【i】をタップします。

 

【指定場所で通知】をタップしてオンの状態にします。

 

【場所】をタップします。

 

指定したい場所の住所を検索して表示。場所が見つかったらタップします。例えば、【新宿駅】で待ち合わせをしたいのならば、【新宿駅】をタップします。

 

地図が表示されたら、【詳細】をタップすることで設定が完了していることを確認できます。

設定が完了している状態で目的地に到着すると、iPhoneが目的地に着いたと通知してくれます。地図アプリを開きながら目的地を探しているとき、iPhoneが自ら教えてくれますので、素通りしてしまったといったことを防ぐことができます。