男性巡査長、自分の太ももをナイフで刺す…改ざん発覚を逃れようと

ざっくり言うと

  • 兵庫県警の男性巡査長が、病欠期間を延ばすため診断書の改ざんなどをした
  • 巡査長は太ももを刺して強盗に遭ったと装い、改ざん発覚を逃れようとした
  • 腰のけがで休み、診断書の加療期間を1週間から4週間に書き換え提出した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング