Aさんの自宅に設置された『スマカメ』と愛猫

写真拡大 (全2枚)

 ペットは現代人にとっての大切な癒しの存在。多くのペット愛好家が、できるだけ長い時間をペットとともに過ごしたいと考えているはず。しかし、人間には仕事もあれば学校もあるわけで、常にペットを連れて歩くことなどできないのだ。

 そんな中、可能な限りペットとの時間を共有したいという人々の間で注目されているのがネットワークカメラだという。

 ネットワークカメラとはインターネットと接続しているカメラのことで、撮影された映像をパソコンやスマートフォンで受信し、リアルタイムで見ることができるという。ウェブサービスやガジェットを紹介する考古学的レビューブログ『みたいもん!』を運営するブロガー・いしたにまさき氏はこう説明する。

「一昔前なら、リアルタイムで見られるネットワークカメラは、ものすごくコストが高く、一般ユーザーが使うことはあまりありませんでした。しかし、今はリーズナブルで設定も簡単なネットワークカメラが登場していて、日常的に使うユーザーも増えています。たとえば、旅行などで1日家を空けなければならない時、ネットワークカメラでペットの猫がちゃんと餌を食べているかをチェックするなどという使い方ができるでしょうね。あるいは、小さい簡易型のネットワークカメラなら、鳥かごの横に設置すればいいだけなので、ペットの鳥の見守りなどにも適していると思います」

 たとえば『スマカメ』(PLANEX)というネットワークカメラは、スマートフォンに特化したネットワークカメラ。専用アプリで本体のQRコードを読み取りパスワードを入力するだけで、手軽に使用できる。ネットワークの設定も簡単で、1台のスマホで最大10台の『スマカメ』を登録できるという。価格も7980円(Amazon.co.jpでの価格)とかなりリーズナブルだ。

 ペットの見守りに最適なネットワークカメラだが、ペット以外の見守りにも活用できる。たとえば、別室で眠る赤ちゃんの様子を確認することも可能。また、病床のお年寄も動画でチェックできるので、より安全・安心に安否確認ができる。

 見守りに活用する人が多い中、ちょっと変わった活用法を実践しているというユーザーもいるようだ。20代のサラリーマン男性・Aさんは、ペットの猫の見守り用として自宅マンションにネットワークカメラを2台設置しているが、このカメラのお陰で、合コンでモテモテだというのだ。

「よく合コンで“ウチにかわいい猫がいるから見に来なよ”って感じで口説く男がいるけど、スマホでリアルタイムの映像を見せれば、成功率がグンとアップするんですよ。話のネタにもなるし、口説く材料にもなる。ネットワークカメラを使うようになってから、マジでモテるようになりました(笑い)」(Aさん)

 忘年会シーズンのこの時期、気になる女性を落とすのに、「ネットワークカメラとかわいいペット」というセットが大きな効果を発揮するかもしれない。

 一方、結婚2年目の30代サラリーマンBさんは、猫を3匹飼っていて、その姿を会社でチェックできるように居間と寝室に1台ずつネットワークカメラを設置している。しかし、本当の目的は別にあるというのだ。

「最近ウチの嫁が、なんか怪しい。ちょくちょく僕が知らない人とメールやらラインやらをしているみたいなんです。“昼顔妻”が話題になったじゃないですか。ウチも、正直浮気してるんじゃないかって心配なんですよ。なので、ネットワークカメラはペットだけでなく嫁の行動を確認する目的もあるんです。もちろんカメラは堂々と設置しているので、嫁も承知の上ですよ。僕がスマホでチェックしているっていうのをわかってるんだから、少なくとも家では不倫しないはず。行動確認というか、嫁の浮気防止ですね」(Bさん)

 常に夫が見ているかもしれないと思うと、妻も息が詰まりそうなものだが、Bさんの場合はこのカメラがあることで、良好な夫婦関係を保つことができているという。

 また、恋人関係にある50代の会社役員にネットワークカメラをプレゼントされたというのは、六本木ホステスのCさん。

「私が犬を飼っているので見守り用にプレゼントされたんですが、その映像は彼のスマホでも見られるようになっているんです。私が家にいる時は、カメラはオフにしているんですが、たまに彼から“見せて”っていうメールが来るんですよ。そんな時は、私が料理をしている様子なんかをカメラで映して、それを彼が見たりしています。そんなエロい感じの使い方はしてないですよ、今のところ(笑い)」(Cさん)

 Cさんのケースもそうだが、『スマカメ』のようなリーズナブルで手軽なネットワークカメラの場合は、見守り用以外の目的で使うユーザーも多いようだ。

「友人数人でドライブに行く時、モバイルバッテリーとモバイルルータを使って、車内の様子を撮影しています。録画もできるので、後日みんなで映像を見て、楽しんでますよ」(大学生Dさん)
「自宅の庭に簡易ゴルフ練習場を作って、そこでスイングしている映像を離れた場所にいるゴルフスクールの先生に見てもらっています。画質も良いので、助かります」(40代会社員Eさん)
「見守りでもなんでもないんですが、自宅のプラモデルコレクションをネットワークカメラで定点撮影して、それをスマホで眺めて楽しんでいます。毎日同じ映像なんですが、飽きません。最高ですよ! 友人との飲み会なんかでも、新作を見せて盛り上がってます」(20代会社員Fさん)

 また、『スマカメ』の場合は、カメラの映像に動きがあった場合にだけ録画し、スマートフォンに通知する機能が搭載されている。この機能を使って、野良猫を撮影するユーザーも。

「自宅の庭に向けて、部屋の中から窓越しにカメラを設置しているんですが、1日に2回くらい近所に棲んでいる野良猫がやってくる様子が録画されています。私は猫アレルギーなので猫を飼うことはできないのですが、大の猫好きなので、ネットワークカメラの映像で我慢しているんです。それに猫以外にも、防犯にもなりますしね」(30代会社員Gさん)

 設定も簡単で録画もできるネットワークカメラ。その使い方は、アイディア次第で無限に広がるはず。あなたも、そろそろ使ってみては?