スパイダーマン×キャプテン・アメリカ実現に向け話し合い進行中か。

写真拡大

「スパイダーマン」と「キャプテン・アメリカ」のコラボ映画実現に向け、現在、話し合いが進められているようだ。

流出した資料によると、ソニーは現在、「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」にピーター・パーカーを登場させることは可能かどうか、マーベルと話し合いを進めている段階なのだという。

この流出資料というのが、ソニー・ピクチャーズのチーフであるアイミー・パスカル、代表のダグ・ベルグラッド、そしてディズニーの代表ボブ・アイガーのEメールのやり取りのようで、ダグからエイミーに宛てに送られたメールの一つにはマーベルが製作する新しい3作の「スパイダーマン」映画において、ソニーが「製作コントロール、マーケティング、配給」を行うシナリオの提案が書かれていたという。

さらに資料の中には、「スパイダーマン」の長期ライセンスを持つソニーは、マーベルとの交渉が決裂した後も同作をフランチャイズ化するための権利を持っていると記されているとのこと。

そのほかにも「LEGO(R)ムービー」のクリエーターチーム、クリス・ミラーとフィル・ロードによる「スパイダーマン」のアニメーション・コメディ映画の製作の計画なども含まれていたようだ。