大分県で起きたタンク爆発事故 約600メートル離れた車に金属片が直撃

ざっくり言うと

  • 大分県の新日鉄住金大分製鉄所内で12日、爆発があった
  • 現場から約600メートル離れた乗用車に金属片が直撃、車体の一部がへこんだ
  • 向かいの駐車場には、棒状と20センチ四方の金属片が落下していた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング