(C) 2013 Orphan Black Productions Ltd.

写真拡大

海外ドラマを1話だけ観て、続きを観たくなるかどうかシビアに判定していくシリーズ。
第一回目は、いま話題の『オーファン・ブラック 〜暴走遺伝子』。

いまやアメリカのテレビドラマは全世界に売れるビッグビジネス。
映画よりも金をかけた作品、ハリウッドスターが主役のドラマがある中で、
ノーマークだったカナダ製作の本作が全米で大ヒット。
なぜ?
おもしろいから!

「なるべく予備知識なしで観るといいよ」というオススメにしたがって、
なんにも知らずに観てみました。

(お試し動画の視聴期間は終了しました)

駅のホーム。
女、この人が主人公らしい。
目の下を黒くぬってて、美人って感じでもない。
「もしもしサラよ。ええ町に戻った。キラに会わせて。そんなのひどい。せめて声だけでも」
と電話で話している。
少し離れたところに、もう一人の女。
カバンを置き、靴を脱いでいる。
他には人はいない。
服を折りたたんで置いている。
おかしい。
近づく。
女が振り返る。
自分とそっくり。
ええええ!?
振り返った女はふらふらと線路へ身を投げる。
止める間もなく突入してくる列車にドン! 即死。

「えー、このひとが主人公って地味っすなー」
と思ってたのが吹き飛ぶツカミ。

さらに、自殺した女が置いたカバンを盗んじゃう。
駅の監視カメラがそれを映している。
えええー、主人公なのに何やらかしてるの!?
で、ようやくタイトル表示どん!

ここまでたったの3分である。
詰め込んだねー。
謎につぐ謎。
すげーーー。

『オーファン・ブラック 〜暴走遺伝子』シーズン1は全10話。
Huluの惹句が
“STAP細胞で話題のDNA複製/クローン! タチアナ・マズラニーが演じる何役ものクローンに全米が熱狂。”。
主演のタチアナ・マスラニーが、クローンをみんな演じてる。
検索して調べてみたら、ひとり7役やってるとか。たいへんである。

カバンを置き引きした主人公は、財布から金を盗む。
日本のドラマと違って、海外ドラマは、主人公の善悪にこだわらない。
このドラマの主人公サラも、善人からほど遠い。
でも、だからこそ行動が大胆。
この女、慎重さがないので、どんどん危機的な状況へ自分から突っ込んでいく。
おいおい、やめろやめろ!
って感じで、ものすごいテンポで物語が進む。
黒人警官に「車に乗れ」って無理矢理のせられる。
ゲイの弟ぶんにドラッグ売人やらせようとする。
石鹸水をイッキ呑みする。
ゲローって机にぶちまける。
自分のそっくりさんと喧嘩してたらそいつ脳天撃ち抜かれる。
いきなり会うイケメンとキッチンで激しく抱き合う。
自分の葬式を対岸から眺める。
なにやってるの!
っていう怒涛の展開ラッシュ。
これ全部、1話で起こることなんである。
予告編の勢いだが、ちゃんと話も展開しているという奇跡。
まだまだ謎だらけで、続きが気になって気になって!
これは、完全に続きも観ます!
(というか、たまらず、2話、3話も観てしまいました)

『オーファン・ブラック 〜暴走遺伝子』
Huluでシーズン1の全10話視聴可能。
(米光一成)