豪州の教会が聖職者の独身制を児童性的虐待の一因と指摘

ざっくり言うと

  • 豪州で神父による児童の性的虐待疑惑が浮上し、教義に圧力がかかっている
  • 教会が12日、聖職者の独身制が児童性的虐待の一因となっている可能性を指摘
  • 教義の変更ではなく、あくまでも聖職者の教育で対策を取るべきとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング