Noom Health

写真拡大

 Noomは、同社の運営するダイエットアプリ「Noomコーチ」の機能を活用した糖尿病予防向けスマートフォンアプリ『Noom Health(ヌームヘルス)』が、米国の糖尿病予防認定プログラムにおいて準認定を受けたことを発表した。

 糖尿病予防認定プログラムは、2型糖尿病発病の予防を目的に、米国の疾病予防センター(Centers for Disease Control and Prevention)の許可を受けた企業・組織が提供できるプログラム。同アプリを活用することにより、これまで手書きで管理をされていた食事や運動記録をモバイルアプリで簡単に行うことができるようになるだけでなく、糖尿病予防にかかわる知識を毎日更新されるアプリのコーチング画面を通して身につけることができる。

 また、グループ機能を活用することで、同じような課題を抱える他のユーザーと励まし合うことができ、アプリを通じて継続的なプログラムの参加が可能になる。医療機関は、同アプリが提供する管理画面を通して、患者の状況を把握し、精度の高いカウンセリングを行うことができる。

 米国では、国民の約3分の1である9,000万人が糖尿病予備軍とされており、今後、これらの患者に対し医療機関を通じたカリキュラムの提供を行いながら、準認定で義務づけられているデータ報告や講演活動を行っていく予定だという。