「コイズミ ザ・コンベクショングリラー【グルメナ】KCG-1200/R」

写真拡大

理美容器具の自社商品や健康関連機器ならびに調理家電などの総販売元・総代理店ビジネスを展開する小泉成器(大阪市)は2014年12月12日、本格的なグリルオーブン料理を家庭で簡単につくれる調理家電「コイズミ ザ・コンベクショングリラー【グルメナ】KCG-1200/R」を発売する。

熱伝導率の高いグリルパンを採用

上下のヒーターが発する熱をファンで対流させるコンベクション機能で、庫内温度をすばやく均一に高温にし、この熱風で余熱をしなくてもサクサク、ジューシーに仕上がるという。

また、熱伝導率の高いグリルパンを採用し、ヒーターとの両方からの熱でこんがり焼き上げる。グリルパンは深型タイプなので、食材の大きさや水分量を問わず、多彩なメニューの調理ができる。

マイコン機能による自動調理は20種類(肉・魚料理、ノンフライ揚げ物、野菜料理、パン、お菓子作りなど)に対応し、ダイヤルで好きなメニューを選び、スタートキーを押すだけでできあがる。

独自の庫内循環機能とセラミック触媒フィルターを採用し、調理中のにおいと煙を軽減する脱臭・脱煙機能を搭載している。

価格はオープン[想定価格は1万7800円(税抜)]。