椎名林檎の起用はあの会社への皮肉!? スマートフォン『isai VL』で“au VoLTEの対応の林檎(リンゴ)ボイス”が体感できる店頭デモを展開中

写真拡大

冬モデル2機種からLTE音声通話『au VoLTE』のサービスを開始したau。12月12日に発売された対応端末『isai VL』のプロモーションで、ちょっと変わったデモをauショップや家電量販店で展開しています。あの椎名林檎さんの声をVoLTE品質で聞けるというものなのですが、これってあの会社への皮肉なのでしょうか?

isai VL
このデモは、店頭で展示されている『isai VL』の「お試しアプリ一覧」から『椎名林檎:au VoLTE 体験』のアプリを起動すると体験が可能。

isai VL
起動後に「椎名林檎の声で体験」をタップすると、『isai VL』に椎名林檎さんから着信が!

isai VL
「受話」ボタンをタップして通常の通話のように端末を耳に当てると、録音された椎名林檎さんの声が『au VoLTE』の通話品質で聞けるというのです。3G回線での通話音質でも聞き比べができ、周波数帯域が3Gの200Hz〜3.4kHzから50Hz〜7kHzへと広くなった『au VoLTE』の高品質な通話を体感できます。

『isai VL』広告キャラクターへの椎名林檎さんの起用について、LGエレクトロニクス・ジャパンのプレスリリースでは

多方面でご活躍され、異才な存在感を放つ椎名林檎さんが、ユーザーに新しい体験を提供する“スマートフォンの異才”である「isai」のブランドイメージと合致すると考え、広告キャラクターに起用しました。


とありますが、“林檎(リンゴ)のVoLTE通話デモ”をアップルへの皮肉と読んでしまうのは勘繰りすぎでしょうか。アップルは『iPhone 6』『iPhone 6 Plus』でVoLTEに対応しているものの、日本の通信キャリア回線にはこの機能を対応させていないのです。まあ、椎名林檎さんはテレビCMにも出演しているので、皮肉のためだけではないでしょうが……。

【椎名林檎出演 テレビCM 30秒】 isai VL 〜 異才の声を聞け。(YouTube)
http://youtu.be/0KhzWqvhC9Q

『isai VL』は5.5インチWQHD(2560×1440)ディスプレー、2.5GHzクアッドコアCPU、3000mAhバッテリー、1320万画素カメラ、3GBのRAMを搭載するハイスペックなスマートフォン。『au VoLTE』により、通話中もアプリによる高速通信が可能なほか、通話中の相手と画面や位置情報を共有したり、オプションで最大30人の同時通話に対応します。

「『isai VL』なら『iPhone』が対応してないVoLTEでリンゴの声が聞こえるよ!」というKDDIとLGのアピールはアップルに届くのでしょうか。そんなことにも注目してしまいます。

isai VL
http://www.au.kddi.com/mobile/product/smartphone/lgv31/