ブリヂストン「RE-71R」

写真拡大

ブリヂストンはスポーツドライビング向けタイヤブランド「POTENZA(ポテンザ)」から、「RE-71R」を2015 年2 月2 日より順次販売する。

路面に吸い付くようなグリップ

「POTENZA RE71」が1986 年に国内タイヤメーカーで初めてポルシェ、フェラーリに新車装着された。これをきっかけに「POTENZA」ブランドが多くの利用者から愛されるようになったことから、「RE71」の性能、情熱を引き継ぐという意味を込め、今回発売する商品に「RE-71R(R=Racing)」と名付けた。

独自技術「アルティメット アイ」を駆使し、サーキット走行で想定されるタイヤの動きを細部まで計測。この結果を基にサーキット走行での性能を最大限に発揮するために、路面との接地性を高めたハイグリップの新開発ゴムを採用した。このゴムによって路面に吸い付くようにグリップできるという。

さらに、路面と接地する面積を最大限確保する新パタンを採用することで、サーキット走行で重視されるドライ路面でのグリップ力、コントロール性を高次元で両立。従来品の「RE-11A」と比べ、サーキット走行時の最速ラップタイムが1.4%短縮したとして、「POTENZA史上最速」を謳っている。