いつやるの? 今でしょ!  年末だからできる贈与大作戦

写真拡大

相続税は増税、贈与に関しては優遇策がめじろ押し。国が狙っているのは高齢者から若者への資産シフトだ。ならば、その流れに乗らない手はない。ダイヤモンドQ編集部が、年末を迎えて、賢い贈与の方法を紹介する。

 それなりに資産があって、それを子孫に残したい、税金はできるだけ払いたくない──。そんな人は、この年末を利用して贈与してみてはいかがだろう。

 贈与税をできるだけ少なくするには、現金ではなく評価額が低くなる不動産がよい。時価に比べて、評価額が3分の1近くになるワンルームマンションやタワーマンションがベストだ。

 時価が1000万円のワンルームマンションなら、評価額は300万円ほどになる。これを12月31日と翌年の1月1日の2日間に分けて贈与する。

 それぞれ150万円ずつの贈与となるが、1年間に110万円の控除があるから、2014年と15年の贈与税はそれぞれ4万円(40万円×10%)で済む。これ以外に登録免許税や不動産取得税が20万円強掛かるが、司法書士への報酬を足しても、必要な経費が40万円を超えることはないだろう。

 年をまたげば、必ずしも2日連続で行う必要はない。なお、贈与契約書など証拠となる書類は整えておく必要がある。

 贈与を受けた人がこのワンルームマンションを1000万円で売却しても、譲渡所得税は掛からない。贈与を受けた不動産は取得費をそのまま引き継ぐからだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)