米CIA長官が「嫌悪感を引き起こすような」尋問手法あったと認める

ざっくり言うと

  • CIAの長官は11日、アルカイダのメンバーとされる人物への尋問に言及した
  • 一部の取調官が「嫌悪感を引き起こすような」手法を用いていたと認めた
  • 「誰からも拒絶されて当然の尋問手法を用いたことがあった」と述べていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング