オバマ大統領は、TPPの合意に楽観的に見方を持っていると表明

ざっくり言うと

  • オバマ米大統領は11日、TPPの合意に対し楽観的な見方を持っていると表明
  • 「米国が合意を得られる確率は50%を大幅に超えている」との見通しを示した
  • 同大統領は、議会に対しTPPをめぐる決定の必要性を主張できるとも述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング