ペヤングの焼きそばがネットオークションで早くもプレミア化 定価の7倍になるケースも

写真拡大

ペヤング」の製造元、まるか食品は11日、「ペヤング ハーフ&ハーフ激辛やきそば」と「ペヤング ハーフ&ハーフカレーやきそば」の自主回収を決め、関連商品の返品にも応じることを決めた。現在、「ペヤング ソース焼きそば」やその関連商品は購入が難しい状況だ。

ところが、11日の午後からネットオークションの大手サイト「ヤフオク!」に、まるか食品のペヤング関連商品が並びはじめた。

オークションの出品価格は通常よりも高く、ある出品者は「ペヤング 超大盛りやきそば」の10個セットを、従来の小売価格の約1.5倍となる2900円で出品しているが、入札が重なれば価格はさらに高くなる可能性もある。

ほかにも、「ペヤング ソースやきそば」1ケース(18個セット)を6000円(定価の約3倍)で出しているケースや、「ペヤング 激辛やきそば」や「ペヤング ソースやきそばBig!」を1個、1000円(定価の約7倍)で出品するなど、ペヤング商品のプレミア化は進む一方だ。しかも、そのプレミア価格でも入札がある。

なお、これまで「ペヤング」各種を適正な価格で販売していた Amazon.co.jp などの通販サイトでは、自主回収の影響からか、全種類が品切れ状態となっている。

【関連記事】
テリー伊藤が日清食品の冷凍パスタ異物混入について終始厳しいコメント
片山さつき議員が「美味しんぼ」による福島の風評被害対策について「引続き取り組む」とブログで宣言
ジャニーズ事務所がコンサートチケットの転売阻止に本腰か オークション出品のチケットを無効に