写真提供:マイナビニュース

写真拡大

忘年会に新年会、クリスマスやお正月などイベント満載の年末年始。楽しいばかりでなく、イベント続きによる金欠状態や疲労、体力消耗、暴飲暴食による胃腸の不良や二日酔いなど、何かと負担も重く圧し掛かり、ビジネスパーソンにとっては悩みも多いはず。さらに、四半期の期末決算や年末かけこみ需要など仕事自体も多忙を極め、ストレスも溜まりがちなこの時期は、1年で最も胃への負担が高まる時期ではないだろうか。

そして胃に悪影響をもたらすもうひとつの要因とされるのが“ピロリ菌”。人の胃の中に棲む細菌のひとつで、日本人のおよそ二人にひとり、50代以上の70%が感染していると言われている。胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因とされ、胃がん患者のなんと98%はピロリ菌保菌者とも言われている。胃への負担が高まる年末年始は、このピロリ菌にも注意をしておきたい。

昨今、ピロリ菌から胃を守る方法として、注目されているのが“LG21乳酸菌”だ。LG21乳酸菌にはピロリ菌の活性を抑える性質があるとされ、ピロリ菌保菌者がLG21乳酸菌入りのヨーグルトを8週間継続摂取した結果、ピロリ菌の数が1/10に減少し、胃の炎症も改善したという研究結果も報告されている。

乳酸菌は健康食品として老若男女誰もが食べているヨーグルトに多く含まれており、一般的なヨーグルトで使用されている乳酸菌は腸で働き、体内環境を整えることが知られている。

これに対し、LG21乳酸菌は“胃”で働くことができるユニークな乳酸菌だ。実はほとんどの乳酸菌が胃酸に弱いのに対して、LG21乳酸菌は胃酸への抵抗力が強く、胃内滞在性に優れている。

ただでさえ、暴飲暴食から胃に負担をかけやすい年末年始。せめてLG21乳酸菌を摂取し、ピロリ菌から胃を守る努力をしてみてはいかがだろうか。

(神野恵美)