人間の目は赤外線を「見る」ことができる:研究結果

写真拡大

新しい研究によると、特別な状況において、人間の目は赤外線の光を検出できるのだという。その研究が医療にもたらすものとは。

「人間の目は赤外線を「見る」ことができる:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

千里眼のような絵空事ではなく、「本物の力」を、わたしたちはすでにもっている。

セントルイスのワシントン大学メディカル・スクールの科学者たちの率いる研究者の国際チームは、人間の目が、赤外線の光を「見る」ことができることを発見した。

とはいえ残念ながら、この「超能力」が働くのは、特定の(そして滅多にない)状況においてのみだ。なかでも、わたしたちが感知できるのは、レーザーの非常に高速なパルス光だけだという。

彼らが『米国科学アカデミー紀要』(PNAS)のオンラインページで語っているように、研究のきっかけは、研究者たちが赤外線レーザーを使って研究をしている間に、緑色の光の散発的な閃光を知覚したと言っていたという事実からだった。

この現象を解明するために、科学者たちはマウスとヒトの網膜から採取した細胞を、同じ光に曝した。すると、光受容体の散発的な活性化、つまり、光に対するある種の反応性を記録した。

ワシントン大学の眼下学・視覚科学教授、ウラディミル・ケファロフは説明する。「可視光線に含まれるのは、波長400〜720nmの光です。しかし、網膜の細胞に波長1,000nmの2つの光子が高速で連続して当たると、これらの光の粒子は、波長500nmの1つの光子による1回の衝撃と同量のエネルギーをもたらします。これは、十分可視光線の範囲内です。これこそ、わたしたちが『見る』ことができる理由です」。

(関連記事)赤外線カメラ向けの「光学迷彩」

研究者たちは今後、この発見を利用して、新しい種類の眼底検査装置をつくる研究に取りかかる。生理学者が目の内部を検査することを可能にする道具だ。実現すれば、健康な被験者においても加齢黄斑変性のような視覚の病気にかかった被験者においても、赤外パルス光レーザーを用いることによって網膜の特定の部位を刺激し、その構造と機能を詳細に理解できるようになるという。

TAG

HeadlineNewsHealthLaserMedicalRecommendWIRED IT