2015年は自由を愛する水瓶座の時代。「本当の自分」を生きること
 こんにちは。エル・アシュールです。

 とうとう師走。まもなく2015年ですね。そこで、今回は2015年の運気の流れと開運のカギをお届けします。

 2015年は、3年間続いた、大変革期の最後の年になります。2012年から変化の星・天王星と死と再生の星・冥王星が90度を作り、社会の仕組みや人の価値観や意識を大きく転換するエネルギーが宇宙から注がれ続けています。

 これは、占星術では、2000年周期の切り替えポイントと重なり、水瓶座時代の到来といわれています。

 水瓶座は革新的で自由を愛し、独創的な星座です。

 ですので、この新しい時代は、古い時代に閉じ込められた自己を解放し、一人一人が本来の自分らしさを取り戻し、自由にそれを表現し、個性を発揮しあう多様化の時代となります。

◆2015年、「真の幸せ」をつかむためには

 2014年、「ありのままで♪」が大流行したのも、それが宇宙からのメッセージであり、多くの人の心に響いたからなのでしょう。

 2015年も、引き続き、「本当の自分」を生きることがテーマとなります。

 2014年と違うのは、2014年は、本当の自分を生きることの足かせを手放し、「解放」がテーマとなっていたのに対して、2015年は「本当の自分」を外(人や社会)に「表現」することに重きがおかれることです。

 つまり、流れは「自己解放」から「自己表現」へと向かうのです。

 そして、人に評価されたり、批判される恐れを手放し、ユニークさをどんどん外に出していくほど、人生もダイナミックに展開し、良い方向に変化していきます。

 しかし、人から注目をあつめるために必要以上に奇抜なスタイルをしたり、奇行に出る人も出てきそうです。

 また、制限や試練に関わる土星は射手座を進み、海王星と90度を形成します。

 社会的な混乱が生じやすく、道徳的な観念の低下や、法の目をかいくぐるような事件や詐欺などがいっそう深刻化しやすい時期でもあります。

 ネットやバーチャルの世界、匿名性などが招く弊害、イメージに惑わされたりすることによるトラブルもさらに増えそうです。

 このような流れの中で、2015年、真の幸せをつかみ、よりよく生きるためには、表面的な事柄や誇大広告、脚色に惑わされず、真実を見抜く洞察力を養うこと。

 そして、周囲の評価を恐れず、自分の本当の深い部分とつながり、ぶれない自分軸を確立することが、ハッピーな人生を築く基盤となるでしょう。

<TEXT/エル・アシュール PHOTO/Fwstupidio>