前面にiVDR-Sスロット、USB端子

写真拡大

日立マクセル(東京都千代田区)は、カセットHDD「iV(アイヴィ)」プレーヤー「VDR-P300」を2014年12月10日に発売した。店頭予想価格は1万4800円前後。

シリーズ初、DLNAクライアント機能搭載

機器を変えても再生できるコンテンツ保護技術「SAFIA」対応のカセットHDD「iV」を挿入できるスロット「iVDR-Sスロット」を前面に搭載。日立製「Wooo」シリーズや、同社製iVレコーダー「アイヴィブルー」などの対応機器で録画したiVを再生できる。HDMI端子を介し、iVDRスロットを持たない液晶テレビなど、様々な映像機器に接続し、iVに録画した番組を楽しめる。

「DLNAクライアント機能」を同シリーズ初搭載。背面の10BASE-T/100BASE-TX LANポートから、別売のルーターなどを介しホームネットワークに接続。「DTCP-IP/DLNA」対応のDLNAサーバー機能を持つHDDレコーダーなどに録り溜めた番組を再生することが可能。

前面にUSB端子を設け、USBメモリなどに保存されている写真を順次再生できるスライドショー機能や、動画の再生もできる。