12月上旬、拠点を置くアメリカ・フロリダへ戻る2日前。プロテニスプレーヤー・錦織圭(24才)は、速攻の“ラブゲーム”に興じていた──。

 今にも雨が降り出しそうな空模様の午後2時少し前、都内の高級ホテル近くに、黒いロングヘアをなびかせた女性が立っていた。手持ちぶさたな様子だったが、待ち人からメールが届いたのか、スマホの画面を眺めると笑顔がこぼれた。

 それから約3分後、彼女の前に現れたのが錦織だった。タクシーに乗り込んだふたりは、錦織のスマホを一緒に覗き込むなど仲むつまじい様子。そのまま10分ほどの場所にある焼肉店へと入っていった。

 路地裏にあるこの店の系列店は、食通で知られるアンジャッシュの渡部建(42才)をはじめ、錦織はもちろん、スポーツ選手や芸能人御用達の超人気店だ。

 この日、その店の個室に案内されたふたりは、早速“ダブルス”で焼肉デートを楽しみはじめた。

「女性は錦織さんのことを“圭ちゃん”と呼んで、一生懸命話しかけていましたね。錦織さんはその話を“うん、うん”ってじっくり聞いてあげてる感じでした。彼女は、各国を転戦して遠征の多い錦織さんに励ましのメールを送ってあげていたみたいです。錦織さんは“メールくれてありがとう。大変なときも嬉しかったよ”なんて言ってました」(居合わせた客)

 1時間ほどで食事を終えたふたりは、周囲を警戒してか時間差で店を出てきた。

 先に店を後にした錦織は、降り出した雨の中、傘もささずにウキウキした様子。スキップしながらタクシーに乗り込んだ。錦織に遅れること約5分、店から出てきた女性は錦織とは別のタクシーに乗り込むと、先ほどふたりが待ち合わせた場所近くの高級ホテルへと入っていった。

 そのまま、錦織と彼女はホテルでの“タイブレーク”に突入。滞在はおよそ4時間。夜7時過ぎ、ひとりホテルから出てきた女性は、そのまま東京近郊にある自宅へと帰っていった。

 この女性の正体は、都内の私立大学に通う女子大生(22才)。「高校時代から、美人で評判だった」と周囲の学生が話すように、大学1年生時には学内のミスコンにも出場した経験を持つ。現在は大学サッカーの応援マネジャーを務め、選手へのインタビューや試合会場でのイベント出演といった活動を行っている。

「錦織さんの小学校時代の親友が、彼女と同じ大学に通っていたんです。その人を通じて知り合ったそうですよ」(ふたりを知る人物)

 でも、錦織には新体操元日本代表で、北京五輪にも出場した坪井保菜美さん(25才)という“婚約者”がいたはずだが…。

※女性セブン2014年12月25日・2015年1月1日号