中山6R新馬戦で禁止薬物検出 21年ぶりの事態に競馬界激震

ざっくり言うと

  • 7日の中山6R新馬戦1位のピンクブーケから禁止薬物のカフェインが検出された
  • JRAは10日、同馬を失格とし、同レースの着順を変更
  • JRA所属の競走馬から禁止薬物が検出されたのは93年以来21年ぶりである

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング