こどもたちの作品を展示

【ライブドア・ニュース 26日 東京】 − 港区は、『こどもたちが描いた「平和の灯」アイデア展』を開催する。

 同区は1985年に「港区平和都市宣言」を行い、今年はその20周年にあたる。これを記念して、核兵器の廃絶と平和への願いをこめたモニュメント「平和の灯」を港区立芝公園に設置することになり、そのデザインのアイデアを区内小学6年生から募集した。2月の初旬から中旬ごろにかけて、デザインの選定が行なわれ、モニュメントは8月に完成する予定。

 同展では、集まった50点を超える作品を展示する。2月1日から22日まで、区役所1階ホールにて開催。【了】

ライブドア・ニュース 比嘉杏里記者