トークショーでファンと交流を図った藤田光里

写真拡大

 12月10日(水)、新宿の小田急百貨店ハルクにて、藤田光里トークショー&撮影会が開催され、藤田が初のフル参戦となった今シーズンの総括、来季の展望、そしてファッションへのこだわりを語り、ファンとの交流を図った。
 小田急百貨店ハルク1階は日本最大級のスポーツファッションフロアとして人気ゴルフアパレル店舗が揃い、感度の高いゴルファーから注目を集めているスポット。現在「ハルクスポーツ クリスマスゴルフフェス」として、連日人気女子プロがファンと交流を図るイベントを開催しており、この日はキャロウェイアパレル代表として藤田が登場。
藤田光里のプレー写真は『女子プロ写真館』でチェック!
 トークショーでは、まず今季の感想を「予選落ちもたくさんありましたが、最終日最終組も経験できて、レベルアップできた1年でした」と話し、成長できた点は「一つ一つのプレーにイライラしなくなったこと。ジュニアの頃は喜怒哀楽が激しかったのですが、今シーズンはOBでもバーディでも普段通りにプレーできるようになってきました」と、つねに笑顔がモットーというスタイルを貫けたことが結果に繋がったと自己分析した。
 続いてファッションについて。試合中の勝負カラーはつねづね公言している“ネイビー”で、爪のネイルもネイビーで合わせている。初日と最終日はネイビーのウエアをチョイスすることが多く(2日目はピンクが多いとか…)、初日はスカートスタイル、2日目はパンツスタイル、最終日はその日の気分でどちらでも、というこだわりがあるのだとか。ただプライベートでは、ほとんど服を買わないといい、「前夜祭用のワンピースなどしか買わないんです…」と告白した。
 トークショーのあとは、集まったファンと記念撮影会。撮影後に“男性ゴルファーにどんな格好をして欲しいか?”と質問をすると「ベストを着こなしている人がいいですね。パンツのチョイスも体型に合わせて、着た時のシルエットをイメージできているかどうかもポイント。自分が地味系のカラーが好みなので、まったく逆の明るいカラーを選んで欲しいです」と語った。
 逆に柄アウター×柄パンツのような組み合わせはあまりよろしくないとのこと。そして「キャロウェイアパレルでコーディネートすれば、自然とカッコ良くなりますよ!」とPRを忘れなかった。

<ゴルフ情報ALBA.Net>