『蒼きウル』キービジュアル

写真拡大

アニメスタジオ・GAINAXが同社の創立30周年企画作品として劇場版アニメ作品『蒼きウル』の制作を開始したことを発表した。

『蒼きウル』は1987年にGAINAXの第1弾作品として発表された『王立宇宙軍〜オネアミスの翼』の後の世界を描いた作品。

『オネアミスの翼』と同じく、同社の代表取締役社長である山賀博之さんが自ら監督・脚本を担当し、『新世紀エヴァンゲリオン』や『おおかみこどもと雨と雪』を手掛けた貞本義行さんがキャラクターデザインを行う。

2015年春に先行短編であるOverture版、そして2018年には本編の世界同時公開が予定されている。

「GAINAXにとって特別な作品」


監督の山賀さんが、「『蒼きウル』はGAINAXにとっても特別な作品。技術的にも制作方式についても新機軸を打ち出していきます。世界中の新しい技術を使い、世界中の優れたクリエイターたちと一緒に制作していきたい」と語る程の意欲作である『蒼きウル』。

本作の制作を手がける長い歴史を持つアニメスタジオ・GAINAXは、これまで『ふしぎの海のナディア』『新世紀エヴァンゲリオン』『フリクリ』『天元突破グレンラガン』といったアニメ史に残る名作を世に生み出し、同時に庵野秀明さんや今石洋之さん、鶴巻和哉さんといった数々の優れたクリエイターを輩出してきた。

蒼きウルのキービジュアル



『蒼きウル』はGAINAXの処女作ともいえる『オネアミスの翼』の続編的立ち位置となる作品であるだけに、その気合いの入れようがうかがえる。

さらには製作にあたり、日本で多用される製作委員会方式をとらず、シンガポールにUru in Blue LLPを設立。このLLPを製作主体として世界中から資金と人材を集め、世界市場を狙うオリジナル劇場版アニメーションを制作していくようだ。