マウスコンピューター製タブレットPC

写真拡大

イオンは、オリジナルWindowsタブレットPCとLTE通信をセットにしたサービスの提供を、2014年12月中旬から開始する。端末代込みで月額料金3580円(税別)。

Office付きWindowsタブレット

サービスは、パソコン直販メーカーのマウスコンピューターと協働し、同社製のSIMフリーのオリジナル端末、「Windows8.1 With Bing」(32ビット)搭載、10.1インチのマルチタッチ液晶ディスプレイを持つタブレット「AT-Z37LTE10」を採用。2GBのメモリを搭載し、ストレージ容量は64GB。USB端子(Aタイプ)をサイドに搭載し、Windows8.1対応の周辺機器やUSBストレージなどを接続できる。

マイクロソフトの事務用ソフト「Office Home and Business 2013」がバンドルされており、ワード、エクセル、パワーポイントがすぐに使える。同梱のキーボードカバーの青と紫の2色から選択できる。

IIJの格安SIMカード「IIJ mioウェルカムパックforイオン ミニマムスタートプラン」を使用し、最大75MbpsのLTE通信を、キャンペーン期間の24か月間は3GB分のデータ通信で利用できる。マウスコンピューターによる24時間365日、電話によるサポート体制を整える。