写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「零戦里帰りプロジェクト」を推進するゼロエンタープライズ・ジャパンは12月10日、日本人所有の飛行可能な零戦を完成状態で展示するための仮組みを開始したと発表した。

同プロジェクトは、同社取締役の石塚正秀氏がCEOを務めるZero Enterpriseが所有するレストア済みの零戦を日本に移し、飛行可能な状態のまま保存するというもの。同機は米国からエンジン、主翼操縦席部分、機体尾翼部分の3つに分解され日本に帰国。航空機・部品の輸入販売・整備を手がけるJapan General Aviation Serviceの鹿児島航空機整備センターで仮組みが12月8日から開始された。

年内には仮組みを終えて完成状態で展示が可能になる予定で、2015年初頭に米国から零戦に精通した整備士を招き、仮組み状態を一旦分離し、飛行の実現に向けた本格的な作業を行い、同年春までに完成させる計画だ。