2014年、盛んにデジタル化していたポール・マッカートニーがホログラムで歌うMV(独占音源)

写真拡大

2014年、デジタルづいていたポール・マッカートニー。今年を締めくくる彼のヴィデオに登場するのは、ゲームの世界を舞台にホログラムになって歌う彼自身の姿だ。『WIRED』US版では、独占音源も配信している。

ポール・マッカートニーの2014年は、かなり意外なものだったといえる。

「2014年、盛んにデジタル化していたポール・マッカートニーがホログラムで歌うMV(独占音源)」の写真・リンク付きの記事はこちら

まず彼は、Activisionの大ヒットヴィデオゲーム『Destiny』用に「Hope For the Future」を書き上げ、レコーディングした(これは彼がゲーム用に書き下ろした最初の曲だ)。そして先月、VRスタートアップのJauntと協力して、8月に開催したキャンドルスティック・パークでのコンサートをヴァーチャルリアリティ化した。

そして、今週4つのリミックスヴァージョンが収録された「Hope For the Future」をリリースするだけでなく、ヴィデオとセット販売し、このテクノロジー続きの1年を締めくくろうとしている。

このビデオで、ポール・マッカートニーは28世紀のゲーム世界にホログラムとして登場し、ゴーストAIアシスタントによる映像となって、さまざまなガーディアンに対してセレナーデを歌っている(ゲーム内ではキャラクターのゴーストの声をピーター・ディンクレイジがややかっこ悪く演じており、高級感が増している)。ゲームのなかでは、この曲のもつ壮大なイメージが開いた口がふさがらないほど素晴らしい風景に、ピッタリと合っているのだ。

(関連記事)マイケル・ジャクソンは、ホログラムで復活

まだ「Hope For the Future」の良さが分からないという人のために、『WIRED』US版の記事では、リミックス曲の1曲を独占ストリーミング配信している。来年、サー・ポールの切り札となるのはどんなハイテクなイタズラなのか、わたしたちは探るとしよう。

TAG

GameMusicPaul McCartneyVideoVRWIRED US