国立天文台などが「双子星」の成長していく様子を世界で初観測したと発表

ざっくり言うと

  • 国立天文台などが、双子星の成長過程を世界で初めてとらえたと発表した
  • 双子星は「L1551NE」と呼ばれ、地球から約460光年離れている
  • 謎が多い双子星の生まれる仕組み、大きさの異なる理由を解明したいと担当者

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング