NBAゲームの「不可能な解析」を可能にした「地図の専門家」の話

写真拡大

「NBAのあらゆるシュートを追跡しようとするこの男の取り組みが、バスケットボールを永久に変える」。そう謳われた男がいる。ペンシルヴェニア州立大で地球科学と地理学を学んだカーク・ゴールズベリーがスポーツのデータ解析に起こした革命。

マーク・マクラスキー(Mark McClusky)というライターがまとめた『Faster, Higher, Stronger』という書籍を読み始めている。

「NBAゲームの「不可能な解析」を可能にした「地図の専門家」の話」の写真・リンク付きの記事はこちら

執筆者の現在の肩書きは「Editor of WIRED.com」で、『WIRED』US版にある過去記事リストをみると、スポーツとテクノロジーの交わる点をカバーする話を書いてきていることが見て取れる。

この書籍をわざわざ買ってまで読もうと思った理由は、筆者がここ1年ほど大好きで読んでいるカーク・ゴールズベリー(Kirk Goldsberry)という研究者のことがかなり詳しく採り上げられていることを知ったから。全部で12章あるうち、第1〜10章の大半が、このゴールズベリーとNBA、つまりバスケットボールの分析に関する話に費やされている。

10月末にはWIREDで、このゴールズベリーに関する部分がほとんど丸ごと公開されていた(おそらく書籍売り込みのためだろう)。また要点をうまくハイライトした動画もその後に公開されていたようだ(冒頭動画)。

このヴィデオに出てくるゴールズベリーの肩書きは「Grantlandのスタッフライター、ハーバード大学客員研究者」となっている。またヴィデオのなかには「cartographer」(地図の専門家)とのナレーションもある。ただ、実際はデータ視覚化の研究者といったほうが相応しい──下記の略歴(本文中の記述)からもそんな感じが伝わってくる。

(ゴールズベリーは)ペンシルヴェニア州立大で地球科学と地理学を学び、さらにUCサンタバーバラで地理学の修士号と博士号を取得。このUCサンタバーバラ時代にはインターネットのトラフィック状況をリアルタイムに表示するマップについての学術論文をまとめていたりもした。

マクラスキーによる文章のいい点は、(NBAファンとは限らない)読者にも、ゴールズベリーが具体的なかたちにしたビッグデータの解析と結果の視覚表現との凄み(価値)がしっかりと説明されているところ。

子どものころからバスケットボールが大好きで、長年自分でもプレイしてきたゴールズベリーが、その経験とそして地図の専門家としての知見などを活かしてバスケのゲームの数量分析に挑み、それまで専門家の間で「不可能」とみられていた個別のプレイの価値を割り出すことに成功した。その成功の鍵は、データ分析に空間の概念(平面上の位置情報)を持ち込んだ──別な言い方をすると、バスケのゲームをもの(人とボール)の動きとして捉えた点にあった…などという説明がある。


TAG

BasketballBig DataNBASportsWIRED US

この前提にあるのが、バスケットボールのゲームの特性──例えば(タイムアウトを抜きにすれば)ゲーム開始から終了までプレイがずっと連続しているとか、攻守がいつ逆転するかわからないとか、あるいは選手がコート上のどこにいてもおかしくないといったもので、ひとつのプレイごとに始まりと終わりがある野球と比べると、そのデータ解析は難易度がかなり高い、といったことも書かれてある。

実際の解析手法や得られた結果の価値についてきちんと説明することは筆者の手に余る難題なので割愛する。ただし、ゴールズベリーが2012年の「MIT Sloan Sports Analytics Conference」(スポーツとビジネス、アナリティクスに特化したカンファレンス)で初めて人前で自分の研究結果を発表した際、講演後に「もっと詳しい話が聞きたい」とまっさきに声をかけてきたのが、マーク・キューバン(ダラス・マーヴェリックスの名物オーナー、Broadcast.comなど複数のネット系企業の創業者)とそしてR. C. ビュフォード(R.C.Buford、サンアントニオ・スパーズのゼネラルマネジャー。スパーズは昨シーズンの覇者で、過去16年間に5回優勝した実績もあり、いまおそらく最強のチーム)だった…というのは、その真価を示す例証として挙げておきたい点だ(ファンよりもむしろ責任ある立場の当事者が真っ先に飛び付いた、ということ)。

「NBAのあらゆるシュートを追跡しようとするこの男の取り組みがバスケットボールを永久に変える」(”This Guy’s Quest to
Track Every Shot in the NBA Changed Basketball Forever”)。WIREDに掲載された抜粋にはそんな見出しが付されているが、これを最初目にした時には「なんと大袈裟な」などと思わずにはいられなかった。だが、実はそれもあながち誇張とは言い切れない…キューバンやビュフォードがまっさきに飛び付いたという部分を読んで、そんなふうにも感じた。

この話は、「空間という新機軸をもち込むことで、それまで不可能とみられていたデータ解析でブレイクスルーした男についての話」で、間違っても「NBAあるいはバスケットファン向けの、データ活用に関連する話」などと勘違いしてはいけない。勘違いすると面白い話を見逃すことになりかねないから。

ひとつ補足しておくと、ゴールズベリーによる解析の結果(選手ごとのシュート本数と成功確率、あるいはシュートブロックについてのものなど)は、これまではもっぱら二次元で表現されていた(先に挙げたWIRED記事にも、いくつかサンプルが載っている)。ところが、最近ではこの表現に時間軸を加えることが可能になっているようだ。

TAG

BasketballBig DataNBASportsWIRED US