写真提供:マイナビニュース

写真拡大

メディケア生命保険は12月9日、「合コン・街,コンに関する意識調査2014」の結果を発表した。調査は11月22日〜25日、モバイルリサーチで20〜39歳の未婚男女1,000名の有効サンプルを集計した。

合コン・街コン・趣味コンに参加したことがあるか聞いたところ、合コンに「参加したことがある」は35.5%、街コンに「参加したことがある」は11.4%、趣味コンに「参加したことがある」は10.3%となり、合コンは3人に1人が参加経験があるのに対し、街コン・趣味コンについては、参加経験者が1割程度と、まだまだ少ないことがわかった。

参加経験者が最も多かった「合コン」について、参加経験者の割合を男女別、年収別、居住地別にみた。

○合コン経験者は年収400万円の割合が最多

まず、男女別にみると、男性では39.6%、女性では31.4%と、男性のほうが高くなった。さらに、年収別にみると、100万円未満層21.3%、100万円〜200万円未満層29.0%、200万円〜300万円未満層47.7%、300万円〜400万円未満層54.8%、400万円以上層68.5%となり、年収400万円以上層の参加経験者の割合が最も高くなった。

また、参加経験者の割合を居住地別にみると、福岡県(46.7%)、東京都(41.1%)、大阪府(40.3%)、北海道(37.9%)、兵庫県(36.7%)の順で高くなり、合コンの参加経験率は「福岡県」が最も高い結果となった(回答者が30名以上の都道府県が分析の対象)。

○合コンへの参加頻度は?

次に、それぞれの参加経験者に、最も参加していた時期の参加頻度について聞いたところ、合コン(参加経験者355名)では、「週に2回以上」が1.7%、「週に1回程度」が0.8%、「2週間に1回程度」が1.7%、「1カ月に1回程度」が5.9%となり、『1カ月に1回以上』の割合は10.1%と1割となった。また、「1年に1回以下」は57.2%だった。

そのほか、街コン(参加経験者114名)では、「1カ月に1回以上」の割合は5.3%、趣味コン(参加経験者103名)では、「1カ月に1回以上」の割合は10.7%となった。

○合コンへの参加理由は?

続いて、それぞれの参加経験者に、参加する理由について尋ねた。

合コン参加経験者(355名)が合コンに参加する理由として、最も多かったのは「恋活(恋人を作る活動)のため」で、51.5%と過半数が回答した。以下、「人脈を広げるため」(32.4%)が3割台、「友活(友人を作る活動)のため」(25.4%)、「なんとなく」(23.7%)、「とにかくワイワイ盛り上がるため」(22.8%)が2割台で続いた。また、「婚活(結婚相手を探す活動)のため」は1割半(17.2%)となった。

男女別にみると、女性では「知人の恋活・婚活を手伝うため」が18.5%となり、男性(9.1%)よりも高くなった。

街コン参加経験者(114名)の街コン参加理由でも、最多回答は「恋活のため」(42.1%)だった。2番目に多かった「人脈を広げるため」(28.1%)に次いで、3位には「婚活のため」(27.2%)が入り、合コンよりも街コンのほうが、結婚を意識して参加する割合が高くなった。

趣味コン参加経験者(103名)の趣味コン参加理由では、「友活のため」・「人脈を広げるため」が同率(38.8%)で1位となった。次ぐ3位には「とにかくワイワイ盛り上がるため」(21.4%)が入り、僅差で「恋活のため」(20.4%)が続いた。趣味コンに関しては、男女の出会いもさることながら、新たな友人・知人を求めて楽しく時間を過ごしたい、という動機で参加する方が多くみられた。