4,500万円の破格の制作費『おかげでした』、1ケタ視聴率連発で「コスパ最悪」!

写真拡大

 9日発売の「フラッシュ」(光文社)が、テレビ各局の人気番組における制作費と出演者のギャラ、さらには視聴率を一覧で掲載している(視聴率は関東の11月17日〜23日放送平均。一部番組は同27日または最新視聴率)。各番組におけるギャラや視聴率の話題はよく目にするが、制作費は珍しい。この一覧を見ると、「フジテレビの番組のコストパフォーマンスの悪さが際立っている」(芸能ライター)という。

 記事内では、ダウンタウンが自らギャラの値下げを申し出たとして、現在放送中の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)の1本あたりのギャラが120万円であること、また有吉弘行は『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で、1,000万円の制作費に対してギャラが安めの80万円程度といった、業界人の証言による赤裸々なギャラ事情が報じられているが、それよりも注目を集めそうなのが、一般視聴者には想像だにできない破格の制作費だ。

「中でも特に、『絞りすぎていたので増やす傾向にある』という、日本テレビのバラエティ制作費には驚かされます。TOKIOの『ザ!鉄腕!DASH!!』が1本当たり4,000万円(内TOKIOのギャラ1,000万円)、『世界の果てまでイッテQ!』が1本当たり4,000万円(内村光良180万円、ベッキー150万円)と、ゴールデン帯のバラエティでは最高峰の制作費です。しかし両番組とも視聴率が20%に届きそうとあって、妥当な金額なのでしょう」(同)

 また一方、テレビ東京では、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』が1本当たり700万円『モヤモヤさまぁ〜ず2』1本当たり800万円と、他局に比べて制作費が低い割に、視聴率は好調であることが伺える。しかし各番組が「制作費に見合った視聴率」を稼いでいると考えると、近頃では惨敗ぶりしか報じられないフジテレビは、獲得視聴率に対する制作費が明らかに“見合っていない”と言えそうだ。

「『めちゃ×2イケてるッ!』が1本当たり3,500万円、『とんねるずのみなさんのおかげでした』も1本当たり4,500万円と、視聴率1ケタ台を連発しているにもかかわらず、制作費が高すぎるという印象です。さらに『バイキング』に至っては、裏番組の『ヒルナンデス!』が視聴率6.5%で制作費800万円に対して、視聴率2.7%で1,200万円となっています。過去の栄光にすがったままの高い制作費が、数字に還元できていないようですね」(同)

 記事内でも「(TBSやフジは)『なぜカネをかけているのに負けるんだ。日テレと同じように削減しろ』という話になっている」という制作会社社員の証言があるように、まずは他局の番組と比較して、制作費と視聴率における“コスパ”の悪さを自覚した方がいいかもしれない。