松岡修造氏

写真拡大

8日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、松岡修造氏が、柔道選手・阿部一二三氏の眼力に屈服した。

番組は、「世界王者を倒した高校2年 阿部一二三 強さの理由」と題して特集した。阿部氏は今年8月のインターハイ、ユース五輪をすべて一本勝ちで優勝した。11月の講道館杯では史上最年少優勝を飾り、12月の国際大会・グランドスラム東京でも、日本人男子史上最年少優勝を飾った。

松岡氏が阿部氏にインタビューするVTRでは、松岡氏は「世界からなんて言われる柔道家になりたいですか」との質問に、阿部氏は「一本を取る柔道をする選手だ。コイツは一本勝ちしか似合わない(と言われたい)」と答えた。

インタビュー中に、阿部氏が松岡氏から目線をそらすことはなかった。最後に、松岡氏は「完全に一本取られてんの。眼力がすごい」「目を外さないじゃないですか。何十回も一本取られましたよ」と阿部氏に屈服した。




【関連記事】
キャバクラにハマる元柔道全日本監督の篠原信一氏が「監督には向いていなかった」と告白
五輪柔道 判定覆り勝利した海老沼匡に米国人ユーザーから疑問の声
松岡修造氏が錦織圭のドロップショットに挑戦するも再現できず失敗