●A ワンダフル・チョコレート B chocolate philosophy C 飴色の部屋 D 眠れぬ夜につかまえた

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2014水あさと/株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/コミックうまのほね
<キャスト>
ひおたん:高森奈津美
先生:津田美波
腐ガール:竹達彩奈
カメ子:相沢 舞
つもりん:佐藤聡美
エロ本Gメン:小林ゆう
海雄:逢坂良太
カントク:松岡禎丞
ソムリエ:富田貴洋
SSD子ちゃん:桃井はるこ

●ストーリー
「コミック専門店 うまのほね」
そこではみんな何かのマニアだったり、コアなファンだったりと濃い目のキャラ多し。
新刊を並べたり、シュリンク掛けたり、女子力の低さに戦慄したり、エロ本大好き人間なのかと問い正したりと、真面目(?)に楽しく働きつつ、あだ名で呼び合う男子と女子の仲も急接近しちゃったり!?
イってるギャグと胸キュンな恋愛模様が止まらない、書店青春ラブコメ!
●ワンダフル・チョコレート
先生「良し、今年は忘れなかった!今年こそ、やる!」

と息巻く先生。様子を見に来たつもりんが目の当たりにした惨状はチョコまみれで倒れている先生。

先生「私一人で手に負える相手じゃなかった…。」

つもりん「つもりんのバレンタインデー対策、はっじっまっるっよー!」

そこでうまのほね女子スタッフが集結!しかしながら、あまりにも悲惨極まりない4人。殆どつもりんに丸投げながらも何とかチョコレートケーキが完成!

一同「う、ま、い、ぞー!」

ところが、美味し過ぎて全て食べ切る!

※作り直しました。
●chocolate philosophy
バレンタインデー当日。意を決して先日のチョコレートケーキを渡そうとする先生。ところがどうしても海雄に渡す勇気が出ず。

先生「逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ…。」

※無理だったようです。

そう言えば明確な相手がいないカメ子、彼女は初めから諦め気味。そこでつもりんの喝によって、カメ子はカントクにチョコを渡す事に!しかもツインテール!

つもりん「じゃあ、私も困らせに行こうかな?」
●飴色の部屋
1ヶ月後、ホワイトデー。

海雄「バレンタインデーのお返しです!」

海雄は各人にお返しを渡すものの、

海雄「先生のはありませんよ。だってチョコくれなかったでしょ。」

先生、海雄に対してお仕置きプレイ炸裂!

海雄「実はちゃんと持ってきてるんですよ、先生の分。」
先生「ご、ごめん!」
●眠れぬ夜につかまえた
うまのほねの閉店後、帰宅しようとしたカントクとひおたんですが、急な入庫連絡と陳列が発生!

ひおたん「聞いちゃったし、手伝いますよ。」

その前に夜食を買いに行くも、

店長に店を閉められ、ひおたん全財産を失う!

※明日には戻りますけどね。

そこで近所の漫画喫茶に向かう2人。カップルシート席しか空いていないため、

ひおたん「私達、カップルに見えたんですかね?」

しかも、ひおたんがコーヒーを服にこぼしてしまいシャワーを浴びる事に!

※ひおたんのおっぱ○、すごく…、大きいです…。

ひおたん「カントクのこの服…、臭いますよ!」
カントク「えっ、マジ!」


翌朝、目的の新刊陳列が終わり漸く帰宅。そこにやってきたつもりんですが…。

つもりんがカントクとひおたんを見たとき、彼女の中で一区切りがついたようです。

つもりん「これで諦めきれる…。」

「デンキ街の本屋さん」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第9話「Koijanaino やあ、調子はどうだい 雪の降る夜」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第8話「眠る人 ラフさりげなく」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第7話「いざ銭湯へ…… 胸がいっぱい」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第6話「宿はなし Secret Paradise」(ネタばれ注意)
【アニメ】「デンキ街の本屋さん」第5話「春にパンチラ I am Rain ざわめき」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「デンキ街の本屋さん」TVアニメ公式Webサイト
「デンキ街の本屋さん」AT-X公式Webサイト