●何を伝えたかったんだと思う?

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©「SHIROBAKO」製作委員会
<キャスト>
宮森あおい、ミムジー&ロロ:木村珠莉
安原絵麻 :佳村はるか
坂木しずか:千菅春香
藤堂美沙 :睫酲稟
今井みどり:大和田仁美
高梨太郎 / タロー:吉野裕行
本田豊:西地修哉
矢野エリカ:山岡ゆり
落合達也:松岡禎丞
瀬川美里:山川琴美
遠藤亮介:松本忍
木下誠一 / 木下監督:檜山修之
山田昌志:浜田賢二
円宏則:斎藤寛仁
下柳雄一郎:間島淳司
井口祐未:沼倉愛美
内田茜:高橋李依
渡辺隼 / ナベP:松風雅也
丸川正人:高木渉
杉江茂:小柳基
稲沢良和:岩田光央
佐倉良樹:高梨謙吾
新川奈緒:日野まり
堂本知恵美、中田恵理:伊藤静
興津由佳:中原麻衣
小笠原綸子:茅野愛衣
森しのぶ:高橋李依
相馬りな:田村ゆかり
縦尾まり:横尾まり
遠藤の妻:橋本ちなみ
宮森かおり:森谷里美

●ストーリー
シロバコとは映像業界で使われる白い箱に入ったビデオテープの事でありひとつの作品が完成した際に、制作者が最初に手にする事が出来る成果物である。
イラストや写真等で華やかに作られている販売用パッケージと比べれば、白い箱に入っただけのテープは地味かもしれない。しかし、そこにはクリエイター達の想いが詰まっている。

この物語は、5人の夢追う女の子を中心に、
シロバコの完成を目指し奮闘するアニメ業界にスポットを当て日々起こるトラブルや、クリエイティブな仕事ゆえに起こる葛藤や挫折、集団で作るからこそ起こる結束や衝突といったアニメ業界の日常を描いた群像劇作品である。

そして、5人が共に目指した夢への挑戦。
その先に見出す希望へと続くサクセスストーリー。

そう、アニメの今がここにある・・・
●オープニング
3Dデザイナーとして活躍する藤堂美沙。彼女は若くして活躍してはいるものの、会社の方針として本来の意向とは大きく異なる自動車関連のデザインのみ。何処となく充実していないようです。
●何を伝えたかったんだと思う?
さて、武蔵野アニメーションでは現在制作が佳境に入っている「えくそだすっ!」、進行は思いのほか順調。ただ1つ、最終話のBパートの絵コンテすら出来ない状況。

宮森あおい「あの、見込みとしてはいつ上がるんですか?」
本田豊「俺が知りたいよ!」


そして経営陣は次の作品についての企画会議。

※完全オリジナルの場合も含めて、次回作は遅くとも概ね1年以上前から動き始めます。

木下誠一「残り4ページ。なんだが…。」

最後の詰めがどうしても埋まらない木下監督。
●アニメ声優デビュー!
坂木しずか「ありがとうございますっ!」

ガヤ(端役)ながら初めてのアニメ声優としての仕事!どうやら台詞についてはある程度の裁量があるようで、かなり張り切っている坂木しずか。

※声優でもアドリブが認められる事が少なからずあるようです。

いよいよ収録!

坂木しずか「負けたら承知しないからっ!」
音響監督「ちょちょちょちょ!赤い服の彼女、ちょっと張り切り過ぎかな。一歩下がって!」

結局、無難な演技に落ち着いた彼女。こうして彼女の初めての声優デビューはク○ミ○な結果に終わったのでした…。
●ラストシーンをリテイク!
木下誠一「ラスト、変えたいっていったら、怒る?」

「えくそだすっ!」のラストシーン、シナリオから変更したいと考えた木下監督。そこでシナリオライターの舞茸しめじを招集して相談に乗ってもらう事に!

そこで紆余曲折ありながらも舞茸しめじのアドバイスによって木下監督の脳裏にはラストシーンが閃きます。

そのためラストシーン全て書き換えかっ!

「SHIROBAKO」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「SHIROBAKO」第8話「責めてるんじゃないからね」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第7話「ネコでリテイク」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第6話「イデポン宮森 発動編」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第5話「人のせいにしているようなヤツは辞めちまえ!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「SHIROBAKO」第4話「私ゃ失敗こいちまってさ」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「SHIROBAKO」TVアニメ公式Webサイト
「SHIROBAKO」AT-X公式Webサイト