左上から時計回りに昭和天皇役の本木雅弘、阿南惟幾役の役所広司、鈴木貫太郎役の山崎努、迫水久常役の堤真一、畑中健二役の松坂桃李 ©2015「日本のいちばん長い日」製作委員会

写真拡大

映画『日本のいちばん長い日』が、8月から全国で公開される。

【もっと写真を見る】

半藤一利のノンフィクション書籍『日本のいちばん長い日 決定版』を原作にした同作。1967年に岡本喜八監督による同名映画が公開されているが、今回は半藤が昭和天皇と共に終戦に導いた鈴木貫太郎元首相の姿を描いたノンフィクション『聖断』の要素を加えて映画化される。

物語の舞台は、太平洋戦争末期にポツダム宣言受諾の要求や原爆投下を受け、降伏と本土決戦の間で揺れる日本。決断に苦悩する阿南惟幾陸軍大臣や、昭和天皇、鈴木貫太郎首相、迫水久常書記官、終戦に反対してクーデターを計画をする畑中健二少佐ら若手将校の姿を通して、終戦の舞台裏を描く。

戦争完遂を支持する陸軍のトップとして決断を迫られ、苦悩する主人公の阿南陸相を演じるのは役所広司。さらに昭和天皇を本木雅弘、当時の首相・鈴木貫太郎を山崎努、閣議を見守ることしかできない内閣書記官長・迫水久常を堤真一、終戦に反対し、降伏を国民に伝える玉音放送を中止すべく、皇居やラジオ局の占拠を企てる畑中少佐を松坂桃李が演じる。監督・脚本を手掛けるのは、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』や、2015年5月公開の『駆込み女と駆込み男』などで知られる原田眞人。