卒論制作中に視覚障害者に出会い、画像解析をつかったスタートアップを始めようと思った

写真拡大

ジェノヴァの若者たちが、卒業論文の研究をもとに、視覚障害者に音声で視覚情報を伝えるデヴァイスを開発している。

「卒論制作中に視覚障害者に出会い、画像解析をつかったスタートアップを始めようと思った」の写真・リンク付きの記事はこちら

視覚障害者たちに再び視覚を与える──。これは「奇跡」ではない。Horus Technologyの若者たちの毎日の挑戦だ。

Horus Technologyは伊ジェノヴァのスタートアップ企業で、ヴェリオ・ムルジャ、ルーカ・ナルデッリ、ベネデッタ・マグリによって設立された。

「大学から家に戻ろうとしていたとき、バス停にたどり着くことができずにいる視覚障害者と出会いました。そこから、アイデアが生まれました」と、サヴェリオは語る。

ルーカとサヴェリオはジェノヴァ大学でコンピューター・ヴィジョンについての論文を書き上げ卒業しようとしていたところで、これこそ自分たちのスタートアップを立ち上げるのに完璧なきっかけだと覚悟を決めた。

「まず、ヴィデオカメラで周囲の世界を撮影します。それからユーザーは音声を経由してイメージを受け取ります。例えば何ができるかって? このプロトタイプを使えば、視覚障害者たちも、皆が読んでいる文字を『読める』のです」。つまり、ヴィデオカメラが文字を認識し、音声で人に伝達するのだ。


TAG

Computer VisionCrowd FundingStartupWIRED IT

Horus Technologyによる機能紹介ヴィデオ。

「あなたが視覚障害者で、バス停にたどり着かなければならないと想像して下さい。表示を読めずに、どうすればたどり着けるでしょうか? わたしたちはここから出発しました。いまは、ユーザーが与えてくれるフィードバックのおかげで継続できています」

より多くのフィードバックを受け取り、理想を実現するために、Horusのチームは最近、クラウドファンディングのキャンペーン(イタリア語サイト)を立ち上げた。2万ユーロで、彼ら若者たちは、そのプロトタイプをイタリア視覚障害者協会のメンバーに提供できるようになるだろう。

「わたしたちの製品は、どのようなメガネにも取り付けることができます。ボタン操作で、必要なときに命令することができます。さらに音声操作も取り入れて、より簡単に利用できるようにしようとしています」。

これまでHorusは、ICT Idea Challangeでの第3位の成績や、ジェノヴァのTalent Gardenで研究する権利など、さまざまな賞から受け取った資本によって成長してきた。

「いまのところ、わたしたちのものと同じようなテクノロジーを開発している企業はほかにありません。できるだけ早く市場に進出して、発展してもイタリアに残りたいと考えています。わたしたちは自分たちのアイデアを実現するために、何でもする用意があります」。

TAG

Computer VisionCrowd FundingStartupWIRED IT