米国経済の好調は 新興国株式にとって不安定要因となる

写真拡大

【今回のまとめ】
1.先週の雇用統計では米国経済の好調が確認された
2.17日の連邦公開市場委員会では「当分の間」という表現が消える?
3.ドル高は原油安要因
4.ドル高局面ではアメリカの投資家は「内向き」になる
5.ドットコム・ブームの時と同様、アメリカをオーバーウエイトすること

雇用統計では米国経済の好調が確認された

 先週金曜日に発表された11月の非農業部門雇用者数は予想の23万人を大幅に上回る32.1万人でした。


 これは最近の単月の数字としては2012年1月の36万人に次ぐ良い数字でした。また2014年通年の非農業部門雇用者数の累計という観点からは1999年以来の強い数字になります。

また9・10月の数字も上方修正されています。

 失業率は10月と変わらずの5.8%でした。

 民間部門の平均時間当たり賃金は$24.66で10月より9¢上昇しました。これは前年比+2.1%です。

次の連邦公開市場委員会では
「当分の間」と言う表現が消える?

 今回の強い雇用統計を受けて12月16・17日に開催される連邦公開市場委員会(FOMC)ではいよいよ「当分の間(considerable time)」フェデラルファンズ・レートの利上げはしないという表現が声明文から削除されるのではないか? という観測が強まっています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)