優待をもらい損ねる人が続出の理由とは? 意外と知られていない株主優待の落とし穴

写真拡大

株主優待狙いで株を買ったところまではよかったが、なぜか株主優待を受け取れないという人がいる。その理由を調べてみると、意外や意外、超カンタンなミステイクが多いことが判明。そこで、今好評発売中のダイヤモンド・ザイ1月号の新設&拡充で順位が激変!ザイと桐谷さんが選んだ株主優待ランキング!の中から、確実に優待を受け取るために気をつけたい落とし穴を紹介しよう。

【落とし穴1】社名が似ている企業を間違えて購入!

 単なる思い込みで企業名を間違えて株を買ってしまい、優待が届かなかったという人は多い。また、間違って買った銘柄にも株主優待があり、想定とは違う優待が届いてあっけにとられたというケースもある。

 注意したい似た社名の例としては、飲料メーカーのダイドードリンコ(2590)とアパレルのダイドーリミテッド(3205)。そして、アサヒビールの持ち株会社アサヒグループホールディングス(2502)と貴金属リサイクルや廃棄物処理を手がけるアサヒホールディングス(5857)も間違える人が多い典型例だ。

【落とし穴2】株主優待がもらえる単元株数に注意!

 多くの株主優待は最低単元からもらえる企業が多いが、中には例外もある。文房具の詰め合わせの優待が人気のコクヨ(7984)は、最低単元が100株なのだが500株以上保有しないと優待はもらえない。

 また、外食チェーンを運営する大人気のコロワイド(7616)も、最低単元は100株なのだが500株以上保有しないと優待がもらえない。

【落とし穴3】選択制の優待は返信期日に要注意!

 メガチップス(6875)のカタログギフトなど、優待品が選択できるものもあるが、期日までにハガキを返信しないと希望しない商品が届くことがある。アサヒグループホールディングス(2502)も株主専用ビールやアルコール意外の飲料などが選べるが、選択するハガキを送り忘れるとアルコール以外の品が送られてくるので気をつけよう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)