画像は公式サイトのスクリーンショット

写真拡大

12月8日(月)、2015年には15周年を迎えるアニメ作品『遊☆戯☆王』シリーズの、新作劇場版の発表に向けたティザーサイトがオープン。

「劇場版『遊☆戯☆王』情報解禁まで」と書かれ、12月15日(月)10時頃を指し示すカウントダウンと共に、初代主人公・武藤遊戯とそのライバル・海馬瀬人のシルエットが浮かび上がっている。

初代『遊☆戯☆王』が帰ってくる!



『遊☆戯☆王』は、高橋和希さんが1996年から2004年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載していたマンガ作品。気弱な主人公・遊戯が、古代エジプトから伝わる闇のアイテムによって別人格・闇遊戯を覚醒させ、様々なゲームで敵と渡り合っていくという物語。

特に、作中に架空のカードゲーム『マジック&ウィザーズ』が登場して読者から圧倒的な支持を集めると、他のゲームはなりを潜め、このカードゲームが物語の主軸となっていった。

『マジック&ウィザーズ』は、実際にゲーム化・トレーディングカード化され、今でもレアカードは高額で取引されるなど、社会現象を巻き起こすほどの人気を呼んだ。

また、1998年に一度アニメ化され、2000年からは、現在まで放送されている人気シリーズの第一作となる『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』の放送が新たに開始された。劇場版アニメは、国内では2作が制作されている。

今回、突如公開された劇場版のティザーサイトでは、遊戯と海馬のシルエットがあることから、懐かしの初代の劇場版に期待の声が多く寄せられている。