JAちょリスのCM監督、今後挑戦させたいことは「バトルもの」

写真拡大

JAバンクのマスコットキャラクター『ちょリス』。JAへの貯金を促す目的で活動しているわけですが……、JAのPRとはほど遠い不可解(謎)動画をネット上に度々投稿しては、観る者を混沌の渦に巻き込み、違う方面でよく話題になっています。

【関連:JAバンクのちょリスが『みかんアート』で“鳳凰”に挑戦】

『ちょリス』新CMより

そのちょリスが、10月に行った大量動画公開に続き、12月初旬から『女子力高め!都道府県なりきり壁紙』の配布を開始しました。
全身を駆使してある意味「キュート」、ある意味「キモかわ」なポーズを47都道府県分披露してます。
ご丁寧に各種、PC用・スマホ用(Android、iPhone)・フィーチャーフォン用も用意しているそうです。ダウンロードは公式サイト(http://choris.jp/)から無料で行えますよ。

東京

東京

島根

島根

今回の壁紙配布に関連し、ちょリスCM監督を担当して3年目の、田向潤監督のコメントが届きました。
実はこの方、きゃりーぱみゅぱみゅ、くるり、SEKAI NO OWARIのミュージックビデオも担当している凄いお方!

田向監督によると、ちょリスのCMでは「ありふれた可愛らしさでなく、普通のキャラが持っていないかわいさを表現しようと思っています。」とのこと。

さらに今後ちょリスに挑戦させたいことは、「バトルもの」なのだそう。「散財をうながす存在とのバトルをやってみたいです(笑)。それから、ワイヤーアクションを駆使したアクション。」とコメントしています。

なお、10月に大量公開されたWeb動画『ちょリスのステキな毎日』が、早くも合計再生回数が150万回を突破したそうです。
ちなみにこの動画公開直後には、漫画家の羽海野チカさんが自身のTwitter(@CHICAUMINO)に「ちょリスが!そして…これはヒドイ(褒め言葉!)!(´;艸;`)」と絶讃のコメントをよせてましたよ。