写真提供:マイナビニュース

写真拡大

神奈川県横浜市の藤井動物病院と、整形外科専門獣医師グループのONE for Animalsが、骨折して足が曲がってしまい、歩くことが困難になっていた犬の変形矯正手術を、3Dプリンタを活用することで大幅な時間短縮をもって成功させた。

手術を受けたのはメスのイタリアン・グレーハウンド(1歳)で、3カ月齢の時に、前足の手首の上の骨2本を骨折しており、骨の成長が終了した後に手術を実施した。

前足に重度変形が生じた場合には骨切り変形矯正が必要となる。変形点が単純な場合、比較的容易に矯正が可能だが、今回のケースのように変形点が複数ある場合、手術がより困難となる。

今回の試みでは、CT撮影したものをCADで再構成し、3Dプリンタで実物大の骨の模型を作製。3Dモデルを用いて術前計画と模擬手術を行い、本手術をすることでこれまで困難とされていた「変形点が複数ある前足の矯正手術」を正確に、従来より短い時間で実施することができた。術後の経過も良好で、インプラントに異常は認められていないという。

今回の治療方法について藤井動物病院は、CT撮影時に麻酔を使用しなければならないことや、3Dモデルの作製に時間がかかることなどの課題があるとしつつも、今後、変形矯正手術や腫瘍摘出などの専門的な治療を行う機関での使用が増えると考えられるとコメントしている。