ボーナスの満足度

写真拡大

楽天は「楽天市場」で年末恒例の大型買い回りポイントキャンペーン「楽天大感謝祭」を、2014年12 月13〜16 日に実施する。12月8日に特設サイトをオープンし、プレエントリーの受付を開始した。

これに合わせて同社では「年末年始の過ごし方・お金の使い方」に関するインターネット調査を行った結果、年末年始の連休の日数は約4割が「9連休以上」で、大型連休になる人が多いことがわかった。

期間中はタイムセールを34 回開催

調査によると冬のボーナス額について7割以上が不満を感じており、年末年始の予算が昨年より増えた人はわずか1割だった。年末年始に使う金額は、「5万円未満」が6割を占め、予算が昨年より増えたと回答したのはわずか1割に留まっている。使い道には、「グルメ(外食、酒、料理、お取り寄せ)」「旅行」「ファッション」「読書・映画・音楽・ゲーム」などが上位にランクインした。調査は11 月10 〜12 日の3 日間、全国の20 〜60 代の男女500 人を対象に実施した。

「楽天大感謝祭」は事前にエントリーすると、通常は購入金額の1%が付与される「楽天スーパーポイント」の倍率が、購入店舗数に応じて最大10 倍になるポイントアップキャンペーン。期間中はタイムセールを34 回開催し、約340 の商品が対象となる。

特設サイトでは限られた予算でも、自分らしく楽しく年末年始を過ごすためのアイテムを紹介し、自己投資にあてたい人には、「来年こそフルマラソン」を目標にしたランニンググッズや、「3年後の自分の為にお金を使う」をテーマに英語習得ブックなどをすすめている。