貴重な1勝を挙げた大江香織!(撮影:ALBA)

写真拡大

<日韓女子プロゴルフ対抗戦 最終日◇7日◇三好カントリー倶楽部 西コース(6,495ヤード・パー72)>
 愛知県にある三好カントリー倶楽部を舞台に開催された「日韓女子プロゴルフ対抗戦」最終日。初日のダブルス戦では出場の機会が無かった大江香織だが、この日は7番目にプレー、3アンダーをマークしチョン・インジ(韓国)に勝利した。
原江里菜、地元で世界No1を撃破し敢闘賞「個人としては良い一日」
 主催者推薦枠で今大会のメンバーとなった大江にとって「日韓戦出場は棚ぼただった」。だから、昨日の試合後に行われたシングルス戦のペアリングを決めるミーティングでも「出たい」と言いだせなかった。ましてや全員、団体戦に負けた悔しさで“明日こそリベンジしたい”と意気込んでいる。だから「出れるとはあまり考えていなかった」という。
 だが、菊地絵理香が応援に回ると申し出てくれたことで、シングルスの出場が回ってきた大江。「自信はなかったですが…でも、出してもらえるからには勝とう」といつも以上に気合を入れてスタート。3番でボギーを先行させるも、9番で7メートルのパットを沈めて良い流れでハーフターン。すると後半、伸びあぐねる相手を尻目に3バーディ奪い、トータル3アンダー。最終的に4打差をつけてインジに圧勝した。
 これで2大会連続でシングルス戦勝利。「自信はあんまり…」と言っていたが大江は堂々とプレー。他の組のスコアを見ても「他の選手よりも、まずは自分が勝たないと。それがチームの貢献につながる」と懸命に戦い、この日の日本チーム初勝利をもぎ取った。
 2012年の「フジサンケイレディスクラシック」での初優勝以来まだ2勝目が無い大江。来季こそ悲願の2勝目を挙げたいところだ。今年をいい形で締めくくった。この勢いで来年こそはツアー2勝目だ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>