宮本勝昌、ツアー10勝目もメジャータイトル!!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<ゴルフ日本シリーズ JTカップ 最終日◇7日◇東京よみうりカントリークラブ(7,023ヤード・パー70)>
 1998年、2001年、そして2014年と今大会3勝目。シリーズ男の復活だ。今季のツアー最終戦を制したのは、最終日に6バーディ・1ボギーの“65”でトータル9アンダーまでスコアを伸ばした宮本勝昌。節目のツアー通算10勝目を5つ目のメジャータイトルで飾った。
4年ぶり出場の宮本勝昌が首位に浮上!目指すは新聞の「一面」
 列島を覆った強烈な寒気によりコースには霜が降りて、当初から30分遅れてのスタート。3打差の6位タイから出た宮本は序盤から流れをつかんだ。「1番、3番と良いのが入って7アンダーになった時点で上位に来ている感触はあった」。後半は11番のボギーで一歩後退するも、13番、14番と連続バーディ。ここでグリーンサイドにあるリーダーボードを確認すると、「意外と伸びていないなと。そこからギアを変えましたね」。優勝を意識して終盤の戦いに入った。
 勝負を決める一打が飛び出したのは17番パー5だ。ティショットを左に曲げたものの、セカンドをピン手前10メートルにつける会心のショットを披露。「目の前には木があって、つま先下がりでフックを打たないといけない状態から、ピンの右に出て帰ってくるキレイなフックボールが打てた。100点満点のショットでしたね」。ここをバーディとし、1打差で追っていたプラヤド・マークセン(タイ)を引き離した。
 日大1年時には4年の丸山茂樹をくだして日本アマを制するなど、有り余るポテンシャルはデビュー時から注目の的だった。師匠の芹澤信雄をして「こいつは海外行ってもすぐ勝っちゃうかなと思った」と言わしめる実力。兄弟子の藤田寛之も「宮本はウサギで自分はカメ」とツボにハマった時の歩みの速さを評していた。
 だが、宮本自身の自己評価は少し違う。「やっていることはずっと一緒で、予選落ちが続いている時でも調子が良い時でも課題を持って練習をしているだけ。心が折れることもあるけど、そこは変わらないですね。プレー中もオーバーパーを打とうがアンダーだろうが同じ気持ちを心掛けている」。芹澤、藤田に大きな影響を受けたであろうその歩みは、明るいキャラクターとは裏腹に地道そのものだ。
 節目の10勝目を達成して、次の目標は「11勝目ですね(笑)」。今季は小田孔明が開幕前から賞金王獲りを公言して見事成し遂げたが、「もちろんプロとして賞金王をとりたいというのはある。でも、目指すというよりは積み重ねていった結果賞金王が獲れたら嬉しい」。積み重ねた生涯獲得賞金も9億円を超えて歴代10位に食い込んだ。これからも一歩一歩を積み重ね、変わらぬ歩みで更なる上を目指していく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>