聴衆が涙した加藤ミリヤの半生「悩んでいた記憶しかない」

ざっくり言うと

  • 加藤ミリヤが7日、文部科学省主催のイベントで自らの半生を告白した
  • 子供の頃から「私は何のためにいるのか」と自問自答していたという
  • 加藤は「思春期は悩んでいた記憶しかない」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング