乳幼児の間で「RSウイルス」が広がる 患者数が過去最多に

ざっくり言うと

  • 乳幼児に肺炎や気管支炎などを起こす「RSウイルス」の感染が広がっている
  • ウイルスを吸い込んだり、付着した手で口や喉、鼻などに触れたりして感染
  • 国立感染症研究所は来年1月頃まで流行が続くとみて、注意を呼びかけている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング